≫  掛金が安く、共済金の請求手続きが簡単です。
≫  加入できる人は、健康で正常に生活又は就労している方で、無審査で加入できます。
≫  業務上、業務外を問わず補償があり、労災保険等他の制度とは全く別に支給されます。
≫  事業所が負担した掛金は、福利厚生費として全額損金処理できます。

 



共済金額 月額金額 死亡・高度障害共済金 後遺障害共済金 医療共済金
病気により死亡し、又は高度障害となったとき 傷害(ケガなどの事故)によって死亡し、又は高度障害となったとき 災害(交通事故など)によって死亡し、又は高度障害となったとき 傷害により後遺障害を生じたとき 災害により後遺障害を生じたとき 傷害又は災害により1週間以上医師の治療を受けたとき
入院1日
につき
通院1日
つき
万円 万円 万円 万円 万円 万円 円/日 円/日
500
200
100
50
1,200
600
300
150



500
200
100
50
1,000
400
200
100
400~15.0
160~06.0
80~03.0
40~01.5
800~30
320~12
160~06
80~03
3,000
2,400
1,200
600
1,500
1,200
600
300



傷害共済・・・・満6歳以上80歳未満の方は、共済金額(ご契約額)500万円まで加入できます。


共済金額 月額金額 死亡・高度障害共済金 後遺障害共済金 医療共済金
病気により死亡し、又は高度障害となったとき 傷害(ケガなどの事故)により死亡し、又は 高度障害となったとき 災害(交通事故など)により死亡し、又は高度障害となったとき 傷害により後遺障害を生じたとき 災害により後遺障害を生じたとき 傷害又は災害により1週間以上医師の治療を受けたとき
6歳以上 35歳未満 35歳以上 入院1日
につき
通院1日
つき
万円 万円 万円 万円 万円 万円 円/日 円/日
500
200
100
50
4,000
1,400
700
350
4,000
1,600
800
400
500
200
100
50
1,000
400
200
100
1,500
600
300
150
400~15.0
160~06.0
80~03.0
40~01.5
800~30
320~12
160~06
80~03
3,000
2,400
1,200
600
1,500
1,200
600
300

※ 生命傷害共済500万円にご加入の場合は健康状態通知書のご提出が必要となります。


生命傷害共済・・・・・・年齢により次の共済金額(ご契約額)まで加入できます。

満6歳以上60歳未満 満60歳以上65歳未満 満65歳以上70歳未満 満70歳以上75歳未満
500万円 新規200万円 継続500万円 継続100万円 継続30万円



共済掛金を払い込んだ日の翌日の午前0時から上記共済金を補償します。
ただし、生命傷害共済200万円以上の契約場合、加入1年以内に疾病により死亡し、又は高度障害となった場合の共済金は
200万円とします。
なお、共済掛金を滞納したときは払い込み期限の応当月末日をもって契約は失効します。


共済掛金を払い込んだ日の翌月1日の午前0時から1年とし、掛金の払い込みにより毎年自動的に継続されます。


共済金を受けられる理由が発生した場合は、2ヶ月以内に当組合に備えつけの必要書類でご請求ください。
請求が遅れた場合は、共済金を受けられない場合があります。
なお、共済金は契約者(契約者が法人の場合は法人に)へお支払いします。

≫  戦争変乱、自殺
(ただし、生命傷害共済については加入後1年以上の場合は、共済金額相当額を支払いします。)の場合
・ 共済金受取人又は被共済者の故意による場合並びに犯罪行為、刑の執行又は拘留若しくは入監中に生じた事故による場合


≫  新規加入日現在、医療を受けていたことが判明した場合


≫  交通事故(歩行中又は電車、自動車、自転車、航空機、船舶等に搭乗中の事故)ただし、次の傷害を除きます
・ 無免許又は酒酔い運転並びに試運転、又は競技等で交通乗用具に乗車中に生じた傷害
・ 船舶に搭乗することを職務とする者等が、職務又は実習のために船舶に乗船している間に生じた傷害
・ 職務として荷役又は交通用具の整備等を行う者が、その作業に直接起因する事故によって生じた傷害
・ 工作用自動車に乗車中の事故のうち、作業機械としてのみ使用している間に生じた傷害

≫  改札口を有する交通乗用具に乗降場構内での偶然な外来事故

≫  火災又は外壁崩壊(発生時に建物内にいた場合に限ります。)

≫  台風旋風、落雷の衝撃、蒸気機関の爆発